基本方針

  • 私たちは、患者さんの目線に立ち、安心と満足の得られるクリニックを目指します。
  • 私たちは、常に最新の医療知識と技術を身につけ、これを安全かつ正確に実行します。
  • 私たちは、人と人とのつながりを大切にし、地域に貢献できる医療を提供します。

理事長紹介(鷺宮はく整形外科)

ごあいさつ

医療法人社団ONE TEAMの理事長、白勝と申します。
平成27年6月の開院以来、「医療法人社団ONE TEAM」はたくさんの患者様に支えられ、令和6年をもちまして開院10周年を迎えることができました。
ここにすべてのスタッフを代表致しまして、心よりお礼申し上げます。

医療法人社団ONE TEAMは、開院当初から地域社会に貢献し、患者様に寄り添う医療サービスを提供してまいりました。
初めての患者様を迎えた瞬間から、ONE TEAMは患者様との信頼関係を大切にし、質の高い医療を提供することに力を注いでまいりました。
10年間の間、新型ウイルス感染症の流行など数々の困難に直面しながらも、『運動器エコーを用いた診療で痛みを取る』という使命に誠実に取り組んでまいりました。
新しい技術や医療の進歩に追随し、組織内外の連携を深めることで地域のニーズに応える努力を重ねてまいりました。その結果、ONE TEAMは地域で信頼され、必要とされる医療機関として確固たる地位を築いてまいりました。

この度、開院10年を迎えるにあたり、医療法人社団ONE TEAMの3つ目の分院として中野区鷺宮に、「鷺宮はく整形外科運動器エコークリニック」を開院することになりました。これからの10年、そして未来に向けては、医療法人社団ONE TEAMはさらなる成長と進化を目指します。
患者様のニーズや社会の変化に柔軟に対応し、より質の高い医療を提供することで、地域社会との絆を深めていくことを最重要課題として取り組んでまいります。
また、スタッフの教育や研修にも力を入れ、より高度な医療サービスを提供できる体制を整えることも課題となります。

なお、「鷺宮はく整形外科」の開設に伴い、現在の「はく整形外科運動器エコークリニック(本院)」には加藤基樹医師(平成18年卒)が、そして「狛江はく整形外科(分院)」には竹下美遊医師(平成26年卒)が新たに院長として就任しました。私白勝も定期的に両院で診療を行っております。

来院された患者様一人ひとりが、「今日来てよかった」と思えるように、Happy&Wellness幸せと健康をともに感じることができますよう、スタッフ一同「ONE TEAM」となって誠心誠意努めて参ります。これからの10年、さらなるその先も、皆さまどうぞよろしくお願い申し上げます。

理事長 白 勝(はく かつ)

院長略歴

2001年 東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業
2001年 東京慈恵会医科大学整形外科学講座入局
2001~2014年 慈恵医大整形外科医局 関連病院勤務
2015年 狛江はく整形外科 開院
2021年 医療法人社団 ONE TEAM 開設
2021年 はく整形外科運動器エコークリニック 開院
2024年 鷺宮はく整形外科運動器エコークリニック 開院

資格

・日本整形外科学会認定 整形外科専門医
・日本整形外科学会認定 リウマチ医
・日本整形外科学会認定 リハビリテーション医
・日本整形外科学会認定 スポーツ医
・日本スポーツ協会公認 スポーツドクター
・身体障害者福祉法第15条指定医
・難病指定医
・厚生労働省 義肢装具等適合判定医

その他

狛江市ラグビーフットボール協会 副会長
クリーンファイターズ山梨 チームドクター
J リンク オルトセミナー 世話人

掲載記事

・令和3年2月10日 メディカルオンライン
[汎用超音波画像診断装置 ポケットエコー miruco] 第3回(全4回):セラピストのmiruco活用により、リハビリテーションをはじめとした診療の質の向上につなげる (1/2) プロダクトデータベース-メディカルオンライン
https://dev.medicalonline.jp/episode/index?episodeid=2021000024

・令和2年2月13日発売 「2月20日号週刊新潮」

良医の視点Vol.38 注目の再生医療「APS療法」特集

・令和2年1月31日号 週刊FRIDAYデジタル

エコー&注射1本でヒザ、肩、足首の痛みが劇的に消える最新治療法
https://friday.kodansha.co.jp/article/91578

・令和元年12月17日(火) コマラジ出演

Beauty Tips ~元気になる言葉~ 吉澤恵理
http://listenradio.jp/?utm_source=android&utm_medium=social&utm_content=program&utm_campaign=share

・平成28年12月14日 朝日新聞デジタル 医療健康ガイド どうしました?

掲載 小児ベーカーのう腫について
http://www.asahi.com/apital/articles/SDI201612144773.html

院長紹介(はく整形外科運動器エコークリニック)

ごあいさつ

こんにちは、2024年4月よりはく整形外科運動器エコークリニックの院長に就任いたしました加藤基樹と申します。
2021年4月より関連病院である狛江はく整形外科で勤務させていただき早3年が経ちました。
私は中学時代から柔道を始め高校、大学と続けておりましたが、大学生時代に汗を流した道場のあるここ狛江市で勤務できることを嬉しく思っております。
またこの3年間、皆様とお付き合いさせていただき、皆様の笑顔やお声がけに支えていただきましたことに心より感謝申し上げます。
今後も分かりやすい説明により診療内容をご理解いただくことはもとより、患者さんと話し合いながらオーダーメイドな最適な医療を行えるよう心掛けていきたいと思っております。
整形外科には、頚は腰などの慢性的な痛み、スポーツや外傷などによる急性期の痛み、またリウマチ、骨粗鬆症など多くの悩みを抱えた患者さんがいらっしゃいます。
当院では、運動器リハビリテーションやエコーを用いた様々な注射やリハビリテーション、または体外衝撃波などの保険外診療など、複数の治療選択肢をご提案させていただきますので、投薬加療などでお悩みの患者さんも気軽にご相談ください。
今後も、狛江・調布地区の皆様の痛みに寄り添い、笑顔で過ごしていただけるよう頑張っていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

院長 加藤 基樹(かとう もとき)

院長略歴

2006年3月 東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業
同年4月   板橋中央総合病院で初期臨床研修開始
2008年4月 東京慈恵会医科大学付属病院 整形外科学講座に入局
2021年1月 狛江はく整形外科 副院長
2021年4月 狛江はく整形外科 院長
2024年4月 はく整形外科運動器エコークリニック 院長

資格

・日本専門医機構認定 整形外科専門医
・日本整形外科学会認定 運動器リハビリテーション医
・日本整形外科学会認定 リウマチ医
・日本整形外科学会認定 スポーツ医
・身体障碍者福祉法第15条指定医

院長紹介(狛江はく整形外科)

ごあいさつ

この度、令和6年4月より、狛江はく整形外科院長に就任いたしました。
生まれ育った調布・狛江地域で自分が学んだ医療を還元したいと、夢を描いておりました。
ご縁をいただき地域診療に携われることになったこと、大変嬉しく、また光栄に存じます。
東京慈恵会医科大学附属病院整形外科講座の様々な関連病院で勤務し、膝関節及び骨折等の外傷診療に従事して参りました。
これまでの経験を活かし、患者様のお悩みに寄り添い、丁寧な説明を心がけながら、一緒に最善の治療をご提供させていただきたく存じます。
何か不安や心配なことがございましたら、些細なことでも構いませんのでお知らせ頂けますと幸いです。
「あなたの健康と幸せを共に感じる」、当院の理念の実現に向け、一生懸命に努めて参りますので、今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

院長 竹下 美遊(たけした びゆう)

略歴

2014年3月 埼玉医科大学医学部医学科卒業
同年4月   埼玉医科大学総合医療センター 初期臨床研修
2016年4月 東京慈恵会医科大学付属病院 整形外科学講座入局
同年4月-2023年6月 東京慈恵会医科大学 関連病院勤務
2023年7月 狛江はく整形外科 副院長
2024年4月 狛江はく整形外科 院長

資格

・日本専門医機構認定 整形外科専門医

医師の勤務日程ご案内

■本院(はく整形外科運動器エコークリニック)
AM PM
院長 加藤 基樹 院長 加藤 基樹
院長 加藤 基樹/薄井 新 院長 加藤 基樹/薄井 新
分院院長 竹下 美遊 分院院長 竹下 美遊
院長 加藤 基樹 院長 加藤 基樹/白 勝
院長 加藤 基樹 院長 加藤 基樹
非常勤医師 非常勤医師
日祝 休診日 休診日
■分院(狛江はく整形外科)
AM PM
院長 竹下 美遊 院長 竹下 美遊
院長 竹下 美遊 院長 竹下 美遊
本院院長 加藤 基樹 本院院長 加藤 基樹
院長 竹下 美遊/白 勝 院長 竹下 美遊
院長 竹下 美遊 院長 竹下 美遊
非常勤医師 非常勤医師
日祝 休診日 休診日
※代診の際、診療内容や注射の種類が変更になることがございます。ご理解のほど、宜しくお願い致します。
医療法人社団ONE TEAM

スタッフ一同

スタッフ一同、いつでも笑顔を絶やさず、皆様のご来院をお待ちしております。