診療内容

整形外科は、骨・関節・筋・靱帯・神経系など、すべての運動器の外傷、疾患を対象としています。その部位として、脊椎・脊髄、骨盤、上肢(肩・肘・手・手指)、下肢(股・膝・足・足趾)など広範囲に及びます。
整形外科の治療は、それらの部位の疼痛に対し、問診や各種検査により原因をみつけ、投薬や注射、日常生活指導やリハビリテーション、必要に応じては最終的に手術まで行って痛みを取り除くことです。また、単に治療するだけではなく、運動機能を可能な限り回復させ、生活の質を取り戻すことも目的としています。

このような症状の方は、ご相談下さい
  • 首、腰、肩や腕、肘、手、股(脚のつけね)、膝、足を動かすと痛い
  • 手足がしびれ、手指のこわばりや変形、足関節、足趾にうまく力が入らない
  • 長距離が歩けない、足がむくむ、足がつる
  • 四肢の打撲、骨折、捻挫、外傷など
主な対象疾患

・外傷、骨折・脱臼・捻挫・打撲、むち打ち
・頸椎椎間板ヘルニア、頚椎症、頚髄症
・腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、坐骨神経痛
・四十肩、五十肩、肩関節周囲炎、肩腱板断裂、石灰沈着性腱板炎
・上腕骨外側上顆炎、肘部管症候群、橈骨神経麻痺
・腱鞘炎(ばね指)、手根管症候群   
・変形性股関節症、特発性大腿骨頭壊死症、臼蓋形成不全
・軟部腫瘍(できもの)、ガングリオン、粉瘤
・変形性膝関節症、大腿骨骨壊死、ベーカー嚢腫
・外反母趾、偏平足、足底筋膜炎
・骨粗鬆症(骨密度測定)
・各種スポーツ外傷・障害(膝前十字靱帯損傷、半月板損傷、オスグッド病、テニス肘、野球肘、
足関節靱帯損傷、肉離れ、アキレス腱損傷など)

<患者さんへのお願い>
慢性的な痛みの原因が、癌や感染症、炎症性疾患など、命に関わる重篤な場合もあります。整骨院やマッサージなど民間の代替医療機関に通院中の方も、運動器に対する痛みに対しては、まず整形外科専門医を受診して下さい。
リハビリテーション科では、関節の変形拘縮の改善や筋力増強、麻痺した感覚や筋の回復、バランス能力の向上などに加え、日常生活動作の訓練(寝返り、起き上がり、食事、トイレ動作など)もおこなっています。患者さんの症状や訴えに応じて、電気治療や温熱療法を中心とした物理療法と、療法士が予約制で行う運動器リハビリの治療に当たらせていただきます。
◎ 運動器リハビリについて

・骨折や捻挫などでギプス固定されていた方のギプス除去後の機能回復訓練
・五十肩の拘縮予防運動
・変形性膝関節症の膝強化訓練・
・変形性股関節症の股関節周囲筋力強化訓練

当院ではリハビリをつぎのようなルールで行っております。ご理解をお願いいたします。
  • 長時間の治療は体に疲労が出るため、おおよそ30分以内を目安にメニューを作成しております。基本的には、1種類の器械につき10分まで、おひとり2種類までとなっています。
    もちろん、疾患部位の少ない方はもっと少ない時間で終わることができます。1種類の器械だけを希望される場合は、20分までとさせていただきます。
  • 院長の指示がない箇所についての治療は行えません。いつもと違うところが痛いときは院長にお話しになってください。ただし、すこしずれた場所などのときは考慮いたします。右膝から左膝に変わるときなどは院長との相談が必要です。
  • 治療器をおかけするときは、スタッフが必ず強さなどを確認いたします。患者様の日々の体調により強さの感じ方が違いますので、ご面倒ですがご協力ください。
  • 治療器をかける順番は、どの順番でも効果があります。患者様をできるだけお待たせしないようにスタッフが順番を考えてご案内いたします。
  • リハビリは週に3回以上を目安に通われることをお勧めします。もちろん毎日がもっとも望ましいのですが、日常生活にあった治療をご相談ください。
  • リハビリの料金は保険によって変わりますが、一回数百円程度です。
<リハビリ室では以下のことに注意してください。ご理解をお願いいたします。>

1.携帯電話の禁止。電源をお切りください。
2.ペースメーカーが入っている方は、診察時にご報告ください。
3.飲食、喫煙は禁止。
4.走りまわるなど、他の方々にご迷惑をかけるお子様をお連れしていた場合、リハビリをきりあげていただくことがあります。(高齢者との接触事故がおきないために)
5.やけどをするおそれがありますので金属類、湿布、ラメのはいった服はつけないようにしてください。
6.TATOOが禁忌の治療がありますので、診察時にご相談ください。
7.治療器の影響で電波時計の時刻が合わなくなる現象がおきました。リハビリ室では電波時計を
 使用しないようお願い致します。

関節リウマチとは、自己免疫疾患のひとつで、自分の抗体が自分のからだを攻撃してしまうことが原因とされています。症状は朝に強い手のこわばり、関節痛、関節の腫脹などがあります。初期のリウマチは診断が難しいことも多く、次第に「関節リウマチ」という病気が完成してくることもあります。そのため、何度かの診察で診断に至ることもあります。心配な方はお気軽にご相談ください。
関節リウマチの症状
関節リウマチは身体の各関節に炎症(腫れ・痛み)が起こり、病状が進行すると関節の変形や機能障害が起こります。関節リウマチの初期症状として、まず、手指・手関節・膝関節・足趾の関節の痛みや腫れが徐々に表れ出します。また、関節リウマチは朝のこわばりといって、朝を中心に手指がスムースに動かしにくくなります。主に下記のような症状があります。
◎ 関節の痛みや腫れ、熱感
◎ 朝のこわばり
◎ 関節の可動範囲の低下
◎ 関節の変形
関節リウマチの治療

関節リウマチは、以前は治らない病気とされていました。しかし近年、 関節リウマチの治療は抗リウマチ薬や、生物学的製剤の開発でめざましく進歩し、早期に薬物療法を開始することで、関節リウマチの進行を完全に止め、薬物療法さえ終了してしまう、いわゆるドラッグフリー、「寛解」という状態になることも可能となりました。そのため、早期診断・適切な治療が重要となっています。
治療には、薬物療法・手術療法があり、進行度に応じ選択されます。薬物療法では、炎症の程度により免疫抑制剤を中心に治療し、患者さんによっては生物学的製剤が用いられます。
また、高度に関節が変形し、日常生活の困難な患者さんには人工関節置換術や固定術などが行われます。このような手術が必要と判断した場合は、連携医療機関へご紹介いたしますのでご安心ください。

当院における漢方内科とは

患者さんの訴えに対し、まずは通常通り、各科専門医師による西洋医学的な検査や治療を受けていただきます。それでも、どうも効果がいまひとつで一向に症状が改善されない、なんとなく身体の調子が悪い、薬(西洋薬)の副作用に不安を感じている方もいらっしゃいます。このような西洋医学で治らない訴えや病気に対して、さらに楽になりたい、もう少し治したい、そのような患者さんを、当院の漢方内科では対象にしています。すなわち、当院における漢方内科は、西洋医学の補完医療であるという立場です。
漢方内科は、「人」そのものに焦点をあて、性格・体質・生活・精神状態などを総合的に捉え、「証(しょう)」(体質・気質)といわれる全身の状態を診断した上で患者さん一人ひとりに最適な漢方薬を使用した治療を行っていきます。
そのため、身体に優しく副作用も少ないのが特徴です。漢方では体質を変えることで病気になりにくい身体をつくるので(未病を治す)、西洋医学と違った観点で患者さんの個々の体質や症状から病気の全体像をとらえていきます。つまり、病名に対しての治療ではなく、新陳代謝と自然治癒力などを用いた体全体へのアプローチといえます。
原因のはっきりしない体の不調(不定愁訴)でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

漢方とは

漢方とは化学物質を用いた病院で処方されるお薬とは異なり、あくまでも自然界に存在する天然の生薬を用いて、人が持っている本来の健全な身体機能を取り戻し、自然治癒力の向上をはかる治療薬といえます。
現代の漢方治療は長い歴史と経験、そして医学的理論を基礎に確立したものです。

漢方に適した疾患・症状とは

漢方は様々な不定愁訴を含め、次のような疾患に効果があります。

・寒気、鼻水、のどの痛みなど風邪症状
・湿疹、蕁麻疹、にきび、アトピーなどの皮膚科疾患
・冷え症、生理痛、月経不順、顔のほてり、更年期障害などの婦人科疾患
・糖尿病、高血圧、高脂血症、痛風、肥満などの生活習慣病
・しびれ、肩こり、腰痛、むち打ち症、打撲、こむら返りなどの整形外科疾患
・頻尿、膀胱炎、ED(勃起不全)などの泌尿器科疾患
・天候により変動するめまい、頭痛、イライラ感、手足のむくみ
・疲労感、体質改善、クーラー病、二日酔いなど
・ 子どもの発熱、腹痛、熱中症、夜泣き、夜尿症など
漢方薬の上手な飲み方
Q.1 いつ飲んだら良いですか?

漢方薬は食事の前30分、または食事と食事の間(食間)の空腹時の内服が一般的です。
しかし仕事の都合で食前の内服ができない時や、内服でお腹の具合が悪くなる場合は、食後の内服でもかまいません。
なお、地黄を含む漢方薬(八味地黄丸など)はお腹がもたれたり、腹痛が起こることがあるので、特に食後の服用を薦めております。
また、便秘に対応する漢方薬(下剤)は、空腹時が効果的ですので、就寝前に内服することをお勧めします。


Q.2 どのように飲んだらよいですか?

通常の「粉薬」のように、顆粒のまま水で飲んでも構いません。
また、香りを薬効とする特殊な漢方薬を除けば、市販されているゼリーやオブラートに包んで飲んでも問題ありません。「冷え」のある方は漢方薬エキスを湯のみ茶碗に入れ、熱いお湯に溶かしてゆっくり飲むと効果的です。例外的に「黄連解毒湯」や「小半夏加茯苓湯」は冷やして飲みます。


Q.3 他の薬(西洋薬)と一緒に飲んでもよいですか?

問題ありませんが、できれば飲む時間を30分~60分あけて内服してください。
なお、他院より既に漢方薬が処方されている方は、その旨を申し出てください。
漢方薬に含まれる生薬によっては重複内服で危険なこともあります。


Q.4 副作用はありませんか?

一番安全な部類の薬ですが、副作用がおこることもありますので、湿疹や空咳、動悸、足のむくみなどの症状が現れた場合には中止して、医師にご相談ください。2か月に1回は、採血し肝機能とカリウム値を調べましょう。


一般的な肩こりや腰痛など注射やリハビリだけでは良くならない慢性的な痛みに対して、鍼と電気治療、マッサージを組み合わせて施術します。国家資格を持ったベテラン鍼灸師が施術を行いますので、安心してご利用ください。なお、通院困難な患者さんには、鍼灸師による訪問マッサージもおこなっていますので、ご相談下さい。

当院では交通事故に遭われた患者さん、労働災害に伴う様々な痛みや体の不具合などについてもご相談頂けます。

交通事故後の障害
下記の様な不安がある方はご相談下さい

・事故後、大きな症状はないけれど、今後後遺症が残らないか少し心配
・接骨院では精密検査ができなくて不安がある
・事故直後は特に症状はなかったのに、日増しにどんどん痛みが強くなってきている


治療費について

全て当院から保険会社に請求するため、患者様のご負担はありません。当院の受付に保険会社からの電話連絡が来るまで、一時的にお立替頂くことがありますので、ご了承下さい(一旦、健康保険を使用し、後日保険会社への請求に変更することはできません)。


診断書について

警察に提出する以外の診断書については、原則ご本人負担になります。
また、どこにどういった内容、趣旨のものを提出するのか、医師に必ずお伝え下さい。
自賠責保険の適応かどうかは事前に保険会社へお問い合わせ下さい。

労働災害による障害

労災保険をご利用の患者さんもご利用いただけます。不安なことやわからないことがあれば、どんなことでもご相談下さい。

もうしばらくお待ちください。


国家資格を持った義肢装具士が定期的に来院し、足底板や腰椎装具など専門的な装具を作製します。